条件を変える
チェックイン:
カレンダー
料金:
チェックアウト:
カレンダー
部屋タイプ:

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(食事・布団付)


幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児(食事・布団不要)
ご利用部屋数
部屋
絞り込む
5件中 1~5件表示

宿泊プラン一覧

スタンダードプラン!!懐かしの伝統的民家に泊まろう♪♪和室あり、添い寝のお子様は無料

【期間】
2017年03月01日(水)から2018年08月31日(金)
金武町屋嘉の海を見下ろす小高い丘に、伝統的民家シビランカを1日1組限定の宿としてオープン致しました。
アメリカンカルチャーを感じさせる金武の街。特に社交街「新開地」周辺は、英文字表記の店の看板が並び、映画やCM撮影などにも使われております。
このエリアから少し離れた、静かな屋嘉地区の海を見下ろす小高い丘に、伝統的琉球民家 シビランカ(紫微鑾駕)をオープン致しました。
この家に訪れる人々(宿泊者)が幸福になれる宿『紫微鑾駕(シビランカ)』
紫微(北極星の神)が鑾駕(みこし)に乗って降りてくることで、その家を厄災などから守り、その家に住む人(宿泊者)に福があり繁栄するという伝えがあります。
沖縄では家を建てる際、棟上げ式(骨組みが完成する)に「紫微鑾駕」しびらんかと書かれた板を棟木に打ち付ける風習があり、現在ではほとんど見られなくなりましたが、金武シビランカは、天井を張らずに屋根まで見渡せるようにしている為、棟木に「紫微鑾駕」の板がしっかりと確認できます。
金武シビランカは、昔ながらの沖縄の伝統的民家を忠実に現代に再現した建物です。
2003年9月に木造(瓦葺)平屋建てとして完成しましたが、柱と梁の組手なども現代の建設職人でも出来る人が少ない中建てられましたので、とても貴重な建物です。

※連泊中でもご滞在中のお部屋の清掃は御座いません。
タオルなどのアメニティー類は連泊の場合でも初泊分のみのご用意となります。
  • 部屋画像

    1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家

    【食事】 朝食なし 夕食なし

    【人数】1人~8人

    【決済】現地決済

    60,000円~70,000円/室 空室カレンダー
    ※表記は、本日より最短で設定されている直近30日間の「金額/食事」内容を目安としています。

WEB割引プラン!!沖縄観光の拠点に!!卒業旅行にも最適!!

【期間】
2017年03月01日(水)から2018年08月31日(金)
金武町屋嘉の海を見下ろす小高い丘に、伝統的民家シビランカを1日1組限定の宿としてオープン致しました。
アメリカンカルチャーを感じさせる金武の街。特に社交街「新開地」周辺は、英文字表記の店の看板が並び、映画やCM撮影などにも使われております。
このエリアから少し離れた、静かな屋嘉地区の海を見下ろす小高い丘に、伝統的琉球民家 シビランカ(紫微鑾駕)をオープン致しました。
この家に訪れる人々(宿泊者)が幸福になれる宿『紫微鑾駕(シビランカ)』
紫微(北極星の神)が鑾駕(みこし)に乗って降りてくることで、その家を厄災などから守り、その家に住む人(宿泊者)に福があり繁栄するという伝えがあります。
沖縄では家を建てる際、棟上げ式(骨組みが完成する)に「紫微鑾駕」しびらんかと書かれた板を棟木に打ち付ける風習があり、現在ではほとんど見られなくなりましたが、金武シビランカは、天井を張らずに屋根まで見渡せるようにしている為、棟木に「紫微鑾駕」の板がしっかりと確認できます。
金武シビランカは、昔ながらの沖縄の伝統的民家を忠実に現代に再現した建物です。
2003年9月に木造(瓦葺)平屋建てとして完成しましたが、柱と梁の組手なども現代の建設職人でも出来る人が少ない中建てられましたので、とても貴重な建物です。

※連泊中でもご滞在中のお部屋の清掃は御座いません。
タオルなどのアメニティー類は連泊の場合でも初泊分のみのご用意となります。
  • 部屋画像

    1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家

    【食事】 朝食なし 夕食なし

    【人数】1人~8人

    【決済】現地決済

    25,000円~35,000円/室 空室カレンダー
    ※表記は、本日より最短で設定されている直近30日間の「金額/食事」内容を目安としています。

さき楽28日前までにご予約のお客様へ!伝統的な民家で過ごす旅♪♪添い寝のお子様無料【1日1組限定】

【期間】
2017年03月01日(水)から2018年08月31日(金)
楽天トラベルで販売中の 「スタンダードプラン!!懐かしの伝統的民家に泊まろう♪♪和室あり、添い寝のお子様は無料」で、
料金が最大53%OFF! (2017年12月14日時点の掲載料金と比較)

例えば1室あたり料金60,000円が28,000円!
(2018年06月21日宿泊/部屋:1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家/1室利用)

・販売料金は、サービス料込・消費税込・特典料込の料金です。
・予約状況により、表示する割引率の宿泊日程が満室(在庫完売)になる場合がございますので、予めご了承下さい。
・上記は割引率の価格事例で、最安値の価格事例ではありません。
・すべての日程に上記割引率が設定されているわけではありません。


アメリカンカルチャーを感じさせる金武の街。特に社交街「新開地」周辺は、英文字表記の店の看板が並び、映画やCM撮影などにも使われております。
このエリアから少し離れた、静かな屋嘉地区の海を見下ろす小高い丘に、伝統的琉球民家 シビランカ(紫微鑾駕)をオープン致しました。
この家に訪れる人々(宿泊者)が幸福になれる宿『紫微鑾駕(シビランカ)』
紫微(北極星の神)が鑾駕(みこし)に乗って降りてくることで、その家を厄災などから守り、その家に住む人(宿泊者)に福があり繁栄するという伝えがあります。
沖縄では家を建てる際、棟上げ式(骨組みが完成する)に「紫微鑾駕」しびらんかと書かれた板を棟木に打ち付ける風習があり、現在ではほとんど見られなくなりましたが、金武シビランカは、天井を張らずに屋根まで見渡せるようにしている為、棟木に「紫微鑾駕」の板がしっかりと確認できます。
金武シビランカは、昔ながらの沖縄の伝統的民家を忠実に現代に再現した建物です。
2003年9月に木造(瓦葺)平屋建てとして完成しましたが、柱と梁の組手なども現代の建設職人でも出来る人が少ない中建てられましたので、とても貴重な建物です。

※連泊中でもご滞在中のお部屋の清掃は御座いません。
タオルなどのアメニティー類は連泊の場合でも初泊分のみのご用意となります。
  • 部屋画像

    1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家

    【食事】 朝食なし 夕食なし

    【人数】1人~8人

    【決済】現地決済

    23,000円/室 空室カレンダー
    ※表記は、本日より最短で設定されている直近30日間の「金額/食事」内容を目安としています。

【3連泊】以上されるお客様へ!!連泊割!!和室ありで赤ちゃん連れにもおすすめ【まるまる1棟貸切】

【期間】
2017年03月01日(水)から2018年08月31日(金)
金武町屋嘉の海を見下ろす小高い丘に、伝統的民家シビランカを1日1組限定の宿としてオープン致しました。
アメリカンカルチャーを感じさせる金武の街。特に社交街「新開地」周辺は、英文字表記の店の看板が並び、映画やCM撮影などにも使われております。
このエリアから少し離れた、静かな屋嘉地区の海を見下ろす小高い丘に、伝統的琉球民家 シビランカ(紫微鑾駕)をオープン致しました。
この家に訪れる人々(宿泊者)が幸福になれる宿『紫微鑾駕(シビランカ)』
紫微(北極星の神)が鑾駕(みこし)に乗って降りてくることで、その家を厄災などから守り、その家に住む人(宿泊者)に福があり繁栄するという伝えがあります。
沖縄では家を建てる際、棟上げ式(骨組みが完成する)に「紫微鑾駕」しびらんかと書かれた板を棟木に打ち付ける風習があり、現在ではほとんど見られなくなりましたが、金武シビランカは、天井を張らずに屋根まで見渡せるようにしている為、棟木に「紫微鑾駕」の板がしっかりと確認できます。
金武シビランカは、昔ながらの沖縄の伝統的民家を忠実に現代に再現した建物です。
2003年9月に木造(瓦葺)平屋建てとして完成しましたが、柱と梁の組手なども現代の建設職人でも出来る人が少ない中建てられましたので、とても貴重な建物です。

※連泊中でもご滞在中のお部屋の清掃は御座いません。
タオルなどのアメニティー類は連泊の場合でも初泊分のみのご用意となります。
  • 部屋画像

    1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家

    【食事】 朝食なし 夕食なし

    【人数】1人~8人

    【決済】現地決済

    23,000円~33,000円/室 空室カレンダー
    ※表記は、本日より最短で設定されている直近30日間の「金額/食事」内容を目安としています。

【6連泊】以上されるお客様へ!!連泊割!!和室ありで赤ちゃん連れにもおすすめ【1日1組限定の宿】

【期間】
2017年03月01日(水)から2018年08月31日(金)
金武町屋嘉の海を見下ろす小高い丘に、伝統的民家シビランカを1日1組限定の宿としてオープン致しました。
アメリカンカルチャーを感じさせる金武の街。特に社交街「新開地」周辺は、英文字表記の店の看板が並び、映画やCM撮影などにも使われております。
このエリアから少し離れた、静かな屋嘉地区の海を見下ろす小高い丘に、伝統的琉球民家 シビランカ(紫微鑾駕)をオープン致しました。
この家に訪れる人々(宿泊者)が幸福になれる宿『紫微鑾駕(シビランカ)』
紫微(北極星の神)が鑾駕(みこし)に乗って降りてくることで、その家を厄災などから守り、その家に住む人(宿泊者)に福があり繁栄するという伝えがあります。
沖縄では家を建てる際、棟上げ式(骨組みが完成する)に「紫微鑾駕」しびらんかと書かれた板を棟木に打ち付ける風習があり、現在ではほとんど見られなくなりましたが、金武シビランカは、天井を張らずに屋根まで見渡せるようにしている為、棟木に「紫微鑾駕」の板がしっかりと確認できます。
金武シビランカは、昔ながらの沖縄の伝統的民家を忠実に現代に再現した建物です。
2003年9月に木造(瓦葺)平屋建てとして完成しましたが、柱と梁の組手なども現代の建設職人でも出来る人が少ない中建てられましたので、とても貴重な建物です。

※連泊中でもご滞在中のお部屋の清掃は御座いません。
タオルなどのアメニティー類は連泊の場合でも初泊分のみのご用意となります。
  • 部屋画像

    1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家

    【食事】 朝食なし 夕食なし

    【人数】1人~8人

    【決済】現地決済

    21,000円~31,000円/室 空室カレンダー
    ※表記は、本日より最短で設定されている直近30日間の「金額/食事」内容を目安としています。

1棟貸切、瓦屋根の伝統的民家

最大定員8名様、ベッド2台のお部屋で2名様、6名様は和室でお布団をご用意。キッチン、調理器具、食器類、洗濯機、乾燥機完備
  • 部屋画像

    【食事】 朝食なし 夕食なし

    【人数】1人~8人

    【決済】現地決済

    70,000円/室 空室カレンダー
    ※表記は、本日より最短で設定されている直近30日間の「金額/食事」内容を目安としています。
5件中 1~5件表示